妊娠線のアフターケアマッサージを受けてみました

できてしまったストレッチマークに

お腹に出来てしまった妊娠線やストレッチマークと呼ばれる状態がコンプレックスで、温泉などに気軽にいけなくなってしまったことに悩んでいました。
少しでも元のきれいな肌を取り戻したいと思い、ストレッチマークのお手入れ方法を探していた時に見つけたのが、専用のクリームを利用したアフターケアマッサージです。
一般的に市販されている肉割れ予防用のクリームやオイルは、ストレッチマークや肉割れが出来てしまうのを予防するために使用するものが大半だったのですが、自分の場合は既に肌にくっきりとストレッチマークが出来てしまっていたので、既に出来てしまっていても利用できる専用のクリームやオイルを利用することにしました。
今回購入したストレッチマーク用のアフターマッサージクリームやオイルには、ファンコスC-ISやフラーレン、アセチルデカペプチド-3やビルベリー葉エキスの他に、ホホバ種子油などがバランスよく配合されているものを利用したことで、白くなってしまったり深くボコボコとしてしまった皮膚に浸透力の高いオイルで柔らかくすることが出来ます。
使い方としてはオイルを利用して皮膚を柔らかく整えた後に、クリームを利用してゆっくりマッサージを行うという手順で、毎日お風呂の後にマッサージを行う習慣をつけたことによって肌表面の水分と油分のバランスが整ってきました。

予防じゃない!できてしまったストレッチマークのためのクリームです。
https://t.co/oCayZpI4hh

— 大人の恋愛学校 Love Fake (@LoveFake_PL) October 30, 2015

できてしまったストレッチマークに肌が柔らかくなり薄くなってきたセルライトケアにも効果